田代地区の紹介


       

  場所は・・・
日本の最西端”松浦市”の南西に位置し、標高288mの大岳の麓に広がる農業を中心とした47戸の集落です。「山あり」、「川あり」の自然が満喫でき、ふる里の心と癒しの空間が、至る所に点在しています。

何が出来る・・

地域内の農家等で農業体験や農泊(旅館でもない、民宿でもない、ごく普通の農家に泊まり農家同様の時を過ごす)ができ、地域でとれた新鮮な食材を利用した郷土料理が堪能できます。玄武岩土壌の赤土で、味・質の良いものがとれる地の利であることも自慢の一つです。心のふる里作りを応援しています。


特色

松浦市田代地区では、農村の特性を活かした地域の活性化を目指し、体験型の修学旅行や一般旅行の受入、地元児童の体験学習の受入、コスモス畑の収穫祭などなどの事業を展開しており、交流人口の拡大とともに、地域住民の生きがい形成などの地域振興に取り組んでいる。現在、年間1500名の体験型観光客を受け入れており、年々増加している。

田代地区グリーン・ツーリズム研究会のエリア

田代、木場、板橋、郭公尾、寺ノ尾の校区5地区とその周辺。移動距離7分以内。


おいしい かけ干しそばの花苺
味のキーワード
赤土、かけ干し米、今ずり米、特別栽培、安全、田舎

周辺地図はこちらをクリック